225 戦記

225先物の データと建玉、相場雑感。

9/24(金)  飛び石明け 30150 天国と地獄600円戻り。指値3枚寄り30120でで攫われてウカウカ今週新規 7枚建。計9枚。

225現物    先物は寄り天井で指値3枚が高く攫われる。

      後はだらだら、しかし下がらず、引け板寄せで最高値。 (泣)
   引け sp -180に対して-100 +80ほどロング、たぶん夕場も高いな…

 

      ざっくり半値戻しの 現物  窓は埋まらず

 

f:id:gunquan:20210924154936g:plain

 


      今日のNIKKEI朝刊は  恒大のみ
             ほかの死にそう不動産リストも出ていた


    「 9/14までの上げ、17日目、14手、27000-30800=38000円 
          に対して ▲1200円、31%調整
         ただの押し目ならここから反発の水準である」

 

と飛び石休み前に書いてたのに…手を打たなかったのはよろしくないねー

下のサマリーに
    「東証1部の値上がり銘柄数は2104と、全体の約96%を占めた」

とあったが、まさにそういう相場である。

 
     

 

■  指数


本日デイは


 30120   30150   29940   30150    +630   3.5万枚  10660億円 

 

現物  3兆5578億円に対して 30%出来。 

 

f:id:gunquan:20210924155009p:plain

 


飛び石連休、 Fed、恒大 終わって指値を攫われてエライ枚数に

 

 

■  松井  30170    29760    29835  29800  30120×3   これ!


       @ 29988×7枚  売 ▲11万円含み損 

 

■■  追記  ■■

 

ナイト、NY直前に下値を試すところで買埋

■  松井 下線の 29760 30120 → 29925 埋  2000円収益で軽くする 

  


■ 


つかまってる株コム 減らしてよかった


■ 持ち高    ⑫限  スプレッド減って ▲180円

  ■kabucom  28450  28650       合計■ 28550×2枚  売建


          ■ 含み損は  ▲32万円 

 

 

TOPIX   

 

f:id:gunquan:20210924155031g:plain

 


 MAZA       

 

f:id:gunquan:20210924155047g:plain

 



DOW      ドル円  

 

f:id:gunquan:20210924155057g:plain

 

f:id:gunquan:20210924155109g:plain

 


■サマリー  
東証大引け 大幅反発、3万円台回復 中国恒大巡る不安後退で


 24日の東京株式市場で日経平均株価は大幅に反発し、大引けは前営業日比609円41銭(2.06%)高の3万0248円81銭だった。終値で3万円台に乗せるのは17日以来1週間ぶり。足元で世界的に株式相場の下押し要因となっていた、中国不動産大手の中国恒大集団の債務問題を巡る不安がいったん後退し、短期筋による株価指数先物への買い戻しが先行した。円安・ドル高の進行も輸出関連株への買い安心感を誘い、主力株はほぼ全面高となった。

 21~22日に開催された米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果が、金融市場で混乱なく受け止められたことも支えとなった。市場では「FOMCを前に売り持ち高を増やしていた投資家が多く、きょうは買い戻しを迫られたようだ」(みずほ証券の三浦豊シニアテクニカルアナリスト)との指摘があった。

 

 自民党総裁選や衆院選を控える中、日本株の先高観は根強いとの声も聞かれた。足元の相場は調整局面もあったため、テクニカル指標は特に過熱を示唆していないとして「9月前半の急ピッチの上昇局面で買い遅れていた投資家が、恒大問題の懸念後退を機に買いを入れたのではないか」(国内証券)との見方があった。

 JPX日経インデックス400は反発。終値は前営業日比404.48ポイント(2.19%)高の1万8883.17だった。東証株価指数(TOPIX)は反発し、47.20ポイント(2.31%)高の2090.75で終えた。

 

 東証1部の売買代金は概算で3兆5578億円。売買高は14億2537万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は2104と、全体の約96%を占めた。値下がりは68、変わらずは16銘柄だった。

 

 ソニーGは5%高と急伸し、21年ぶりの高値を付けた。川崎汽は11%近く上昇し、三菱UFJ、日本製鉄も買われた。一方、信越化、エムスリーが下落した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

 


 

 

 

9/22(水) 先週火曜から 30800-29600▲1200で一服? 週末飛び石連休…Fedなのに迷惑な。4S 軽くする。

225現物     9/14までの上げ、17日目、14手、27000-30800=38000円 
       に対して ▲1200円、31%調整


       ただの押し目ならここから反発の水準である

 

f:id:gunquan:20210922155211g:plain

 


     今日のNIKKEI朝刊は 恒大のみ

        場中に明日の30億円はOK!とのweb記事があった

 

    忘れてたが
       週末NIKKEI記事には10月に米債シーリング到達とあった

       コロナが終わって債券がらみの秋であるなー

 

         今日の日銀会合はスルーされた様子                


■  指数


本日デイは


 29700   29700   29390   29520    -240   4.0万枚  11720億円 

 

現物  2兆8901億円に対して 41%出来。 


    120spロングした昨夕は 30020 まで260戻した


       戻り売り指値は欲をかいて当たらず


   デイは安寄り叩き込みだが、現物29500には触れもせず…

 

 

バンバン29500に当たってる下のチャートはデイ先物

現物はこの200円上でのたくっている。

f:id:gunquan:20210922155326p:plain

 

 

  今日も引けは、限月sp▲200に対して▲120と 80円ほどspはロング

 

 

朝から叩き込まれたが、いまいちパニくらない…

             明日は飛び石連休だし Fedだし なー   (笑)

 

というで、引けを待たず、昼過ぎに

 

        ■kabucom 29560 s → 475  ■ 8500円収益 

 

 

 

■  松井  30170   29760      @ 29960×2枚  売  9万円含み益   
■ 

 

つかまってる株コム、1枚軽くなって、自由度が上がり、、気分がだいぶんに楽。


■ 持ち高    ⑫限  スプレッド ▲200円

 


  ■kabucom  28450  28650       合計■ 28550×2枚  売建


          ■ 含み損は  ▲19万円 

 

 

TOPIX   

 

f:id:gunquan:20210922155551g:plain

 


 MAZA       

 

f:id:gunquan:20210922155612g:plain

 

 



DOW  戻らなかったなあ    ドル円  ふつー

 

f:id:gunquan:20210922155631g:plain

 

 

f:id:gunquan:20210922155645g:plain

 

 

■サマリー  
東証大引け 続落で3週ぶり安値、中国恒大問題を懸念


 22日の東京株式市場で日経平均株価は続落し、前日比200円31銭(0.67%)安の2万9639円40銭で終えた。3日以来、約3週間ぶりの安値となった。中国の不動産大手、中国恒大集団の債務問題を巡る不透明感を背景に運用リスクを回避する売りが続いた。円相場が一時1ドル=109円台前半まで円高・ドル安が進み、輸出関連を中心に収益目減りを意識した売りも出た。下げ幅が260円を超える場面もあった。

 

 午前の中ごろには一時上昇に転じた。中国恒大集団が同日午前、23日に期日が到来する人民元建て債の利払いを実施すると発表し、同問題を巡る不透明感が後退するとの思惑から買いが優勢となった。

 

 もっとも、買いの勢いは続かなかった。「同日に利払いが到来するドル建て債については言及がない」との見方もあり再び売りが優勢となった。「債務問題を巡る状況は大きく変わらない」(SMBC日興証券の太田千尋投資情報部部長)との声も聞かれた。

 午後の中ごろからは安値圏で小動きとなった。日本時間23日に結果発表を控える米連邦公開市場委員会(FOMC)を前に様子見ムードが強まった。

 

 日銀は22日まで金融政策決定会合を開き、大規模な金融緩和の維持を決めた。市場では想定通りとの受け止めが多く、株式相場への影響は限られた。

 JPX日経インデックス400は続落。終値は前日比193.60ポイント(1.04%)安の1万8478.69だった。東証株価指数(TOPIX)も続落し、21.00ポイント(1.02%)安の2043.55で終えた。

 

 東証1部の売買代金は概算で2兆8901億円。売買高は12億359万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1847と、全体の8割強を占めた。値上がりは287、変わらずは53銘柄だった。

 

 トヨタダイキンファナックが下げた。TOTOなど中国関連の一角も安い。一方、ファストリソフトバンクグループ(SBG)は上昇した。郵船など海運株の上げも目立った。

 きょう東証1部に上場した金融システム開発を手掛けるシンプレクスは9時4分に公開価格(1620円)を40円(2.5%)上回る1660円で初値を付けた。終値は2060円だった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

 


 

 

 

9/21(火) 仲秋の名月、3連休明け、30000割れ、海外では▲1000円、本邦は▲700ほど。週末から2枚売り増し。S5。

225現物    戻り売りだなー  戻るかどうか分からんから引成で売ったけど。

 

    2015年のチャイナクラッシュは8月の月曜だったっけな?

  東京駅で新幹線に乗る前に携帯から買い向かってバカだったなーー 当時から

 

f:id:gunquan:20210921160440g:plain


 
     三連休前後のNIKKEI

                総裁選銘柄

                恒大負債2兆元、33兆円

                恒大で世界株安

                期日初弾は23日

   
■  指数


本日デイは


 29630   29870   29600   29760    -590   3.8万枚  11280億円 

 

現物  3兆3780億円に対して 33%出来。 

SP-80  120ほどロングしている、夕場は戻るかもなー

 

f:id:gunquan:20210921160527p:plain

 

週末ナイトが閉鎖だったのと三連休で溜まった分が炸裂?

と期待したが、海外市場でサバけたぶんも多かったようで

寄りの投げが終わるとあとは土管の蛇状態

 

 

f:id:gunquan:20210921160743p:plain

 

 

 

■  松井  

  16日夕場30170     21日引成29760        @ 29960×2枚  売  

                             4万円含み益 

 

金曜ナイトで売り乗せるつもりが、システム変更でマーケットクローズ

  建てられず  


■ 

 

つかまってる株コム


■ 持ち高    ⑫限  スプレッド ▲200円

 


  ■kabucom  28450  28650  29560   合計■ 28880×3枚  売建


          ■ 含み損は  ▲26万円 

 

 

諸チャートは略

ダウは急反発しそうな「急落」

 

 


TOPIX   

 


 MAZA       

 

 

 



DOW      ドル円  

 

 

 

 

■サマリー  
東証大引け 3万円割れ、中国恒大問題が心理冷やす 下げ幅3カ月ぶり大きさ


 21日の東京株式市場で日経平均株価は大幅反落し、前週末比660円34銭(2.17%)安の2万9839円71銭で終えた。下げ幅は6月21日以来、3カ月ぶりの大きさで、節目の3万円の大台を2週間ぶりに下回った。中国の不動産大手、中国恒大集団の資金繰り懸念が投資家心理を冷やし、売りが優勢だった。

 中国のスタートアップ企業などに投資するソフトバンクグループ(SBG)が大きく下落した。中国景気に左右されやすい海運や鉄鋼株の下落も目立った。

 

 日経平均は寄り付き直後に600円超まで下げ幅を拡大したあとは、下げ渋る場面も目立った。先週までの大幅高で意識されていた過熱感がいくぶん後退したとの見方から個人投資家などが押し目買いに動いた。中国恒大問題も先行き不透明感が強いとはいえ、中国政府による救済策などを見込む声も出ていた。

 JPX日経インデックス400は反落した。終値は前週末比338.55ポイント(1.78%)安の1万8672.29だった。東証株価指数(TOPIX)も反落し、35.62ポイント(1.70%)安の2064.55で終えた。

 

 東証1部の売買代金は概算で3兆3780億円。売買高は13億1988万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1942と、全体の約9割を占めた。値上がりは218、変わらずは27銘柄だった。

 

 ファストリ、東エレク、ダイキン、安川電、TOTOが下落した。一方、第一三共JR東海、三井不、ソニーGが上昇した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

 

 

 

 

9/20 三連休月曜夜CME、29300台▲1000。

日付は替わって 9.21  午前2時  CMEは 29300台

 

現物レベルで 29500あたり。

 

 

明けて

安よりするなら、リバウンドだろう…

売り上がらねばならない。

 

 

中秋の名月、満月だしなー

 

 

週末。新規

■ 30160 (現物換算 30360)で1枚売り持ちである。

 

 

 

 

9/16(木) 抱き陰線、9/14-30800手前でいったん終わりか?TOPIX二つ黒、欧米変調の記事複数。88日目。

225現物     9/14 の上げ17日目、14手 で一旦止まった感じだなー
       400円値幅の抱き線、基調は上だが、売らずばなるまい

 

    27500まで叩き込まれて底を打った5/13から 88日目 である

 
       今日のNIKKEI朝刊
                 欧米株高変調の兆し
                 信用評価損率改善
                 12日連続陽線

 

f:id:gunquan:20210916171239g:plain

 

欧米変調、記事はしっかり読んでないが こないだの CPI かな?

 

それから、TOPIXの二本陰線、去年もあったスゴク悪いかたちである。


■  指数


本日デイは


 30420   30460   30350   30200    +70   3.5万枚  10620億円 

 

現物  3兆4660億円に対して 31%出来。 

 

f:id:gunquan:20210916171313p:plain

 

 

 

■  松井 夕場早々に成り行き売り  30170  

 

              昨ナイトで出してた 30600はかからず

     30400 でよかったなー


■ 

 

つかまってる株コム


■ 持ち高    ⑫限  スプレッド ▲200円

 


  ■kabucom  28450  28650  29560   合計■ 28880×3枚  売建


          ■ 含み損は  ▲40万円 

 

TOPIX    頭が揃い、下に伸びる、、非常ーぅに悪い下離れ二つ黒。

 

f:id:gunquan:20210916171428g:plain

 


 MAZA       

 

f:id:gunquan:20210916171441g:plain

 

 



DOW      ドル円  

 

f:id:gunquan:20210916171453g:plain

 

f:id:gunquan:20210916171506g:plain

 

 

■サマリー  
東証大引け 続落 利益確定売り、アジア株安も重荷


 16日の東京株式市場で日経平均株価は続落し、前日比188円37銭(0.62%)安の3万0323円34銭で終えた。朝方は前日の米株式相場の上昇などを背景に買いが先行したが、続かなかった。31年ぶりの高値圏まで上昇してきたとあって、短期的な過熱感から利益確定売りに押されやすかった。上海や香港など主要なアジアの株式相場の下落も投資家心理の重荷となり、下げ幅は一時300円を超えた。

 

 日経平均は8月20日につけた年初来安値(2万7013円)から急ピッチで3000円超上昇していた。そのため市場では「きょうの下落はスピード調整の範囲内」(国内証券)との見方があった。東エレクやアドテスト、ソフトバンクグループ(SBG)といった値がさ株の下落が目立ち、指数を押し下げた。

 

 もっとも、自民党総裁選の告示を17日に控えて新たな首相のもとで打ち出される経済対策への期待は高い。3万0200円近辺では根強い先高観を背景にした押し目買いが入り、相場を下支えした。

 JPX日経インデックス400は続落。東証株価指数(TOPIX)も続落し、6.23ポイント(0.30%)安の2090.16で終えた。

 

 東証1部の売買代金は概算で3兆4660億円。売買高は12億6150万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1186、値上がりは892、変わらずは110だった。

 

 TOTOが大幅安。ネクソンや日立造なども下げた。一方、東邦鉛やフジクラが大幅高。ファストリソニーGが上げた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

 

 

 

 

9/15(水) 現物 30500 小休憩。松井9枚は一瞬のナイトで僥倖収益。S3▲44万円。

225現物    30500 ▲150 5MA接触  やっと一服  10MA-30000弱

        下げても日足陽線、週足は十字。

       上げ4週目でたいてい休憩  +14%は やり過ぎ? 


        今日の日経
                                        海外勢再流入
                                      新政権で日本株アンダーからニュートラルへ
                                        年内 33000円の声

 

f:id:gunquan:20210915213015g:plain

 

 

■  指数


本日デイ   ナイトの下げをほぼ回復


 30250   30400   30160   30350   -50   3.1万枚  9260億円

 

 

現物 3兆1502に対して 29%出来。9月になってから3兆円つづく
資金流入

 


■ 松井 30140×9枚 は 本日未明 30100指値で寝てる間に  埋


 ■ 34,000円  収益  安値-30095 …5円差、危なかった、死なずにすんだ
 

    値幅計算の当てずっぽうだ、自重したい …

 

 

 

  取っつかまってる kabucom は変わらず  下記の通り

 

■ 持ち高    ⑫限  スプレッド ▲200円

 


  ■kabucom  28450  28650  29560   合計■ 28880×3枚  売建


          ■ 含み損は  ▲44万円 

 

 

 

■サマリー
東証大引け 4日ぶり反落 TOPIXは2100下回って終える


 15日の東京株式市場で日経平均株価は4営業日ぶりに反落し、前日比158円39銭(0.52%)安の3万0511円71銭で終えた。下げ幅は300円を超える場面もあった。前日に日経平均が31年ぶりの高値を付けたことで、幅広い銘柄で利益確定の売りが優勢となった。半面、急ピッチの相場上昇に乗り遅れた投資家による押し目買いは相場を下支えした。

 

 前日の米株式相場が下落した流れも重荷となった。市場では「前週までは海外市場など外部要因の影響を感じさせない上昇だったが、今週は騰勢がやや衰えていた。そこへ米株市場で景気減速懸念が強まり、『世界の景気敏感株』とされる日本株にも売りが波及した」(JPモルガン・アセット・マネジメントの前川将吾グローバル・マーケット・ストラテジスト)との指摘があった。

 

 もっとも、新たな首相のもとでの経済対策や、新型コロナウイルスの感染者数減少に伴う経済正常化への期待は根強い。予想PER(株価収益率)などの面からみた米国株との比較で日本株には割安感も残っており、断続的な買いが入って下値を支えた。

 JPX日経インデックス400は反落し、終値は前日比179.06ポイント(0.93%)安の1万8985.77だった。東証株価指数(TOPIX)も反落し、22.48ポイント(1.06%)安の2096.39と、心理的な節目の2100を下回って終えた。

 

 東証1部の売買代金は概算で3兆1502億円。売買高は12億572万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1783と、全体の約8割を占めた。値上がりは329、変わらずは76銘柄だった。

 

 ソフトバンクグループ(SBG)は5.8%安で終えた。新生銀、SBIも安かった。一方、東エレクが15日続伸した。レーザーテクも高かった。郵船も買われた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

 

 


9/14(火) 30800弱、コロナ収束と総裁選の趨勢見えて、バブル来戻り新値更新。12S▲70万円。

225現物、 30795円、2/16高値-30714 クリア。     上げ17日目、14手。
 
       今日のNIKKEI朝刊、 

          政局ラリーまだ4合目、
          年初来高値305銘柄 …

 

f:id:gunquan:20210914153306g:plain


■  指数

 

本日デイは


 30400   30620   30310   30400    +70   3.7万枚  11300億円 

 

現物  3兆3450億円に対して 34%出来。 よく出来てるなー

 

f:id:gunquan:20210914153635p:plain

 

11時の香港を見て ぽんと跳ねたり ばんと売られたり …かな?

 

 


■  松井 30500売 追加 さらに上   30670 売り 50円届かず

 

 

9/10 のうかうか売り

■  松井 29780-30280  30138×9枚 売 現物換算 @ 30340円くらい

          ■  含み損は  ▲24万円
    

 

■ 


■ 持ち高    ⑫限  スプレッド ▲200円


先週末の雪崩に攫われた玉 と 昨日の引け成り

  ■kabucom  28450  28650  29560   合計■ 28880×3枚  売建


          ■ 含み損は  ▲45万円 

 

 

TOPIX   

 

f:id:gunquan:20210914153822g:plain

 


 MAZA       

 

f:id:gunquan:20210914153834g:plain

 



DOW      ドル円  

 

f:id:gunquan:20210914153845g:plain

 

f:id:gunquan:20210914153854g:plain

 

 

■サマリー 

東証大引け 3日続伸、31年ぶり高値 経済正常化期待、TOPIXは2100超え


 14日の東京株式市場で日経平均株価は3日続伸し、前日比222円73銭(0.73%)高の3万0670円10銭で終えた。2月16日に付けた年初来高値(3万0467円75銭)を更新し、1990年8月1日(3万0837円99銭)以来約31年ぶりの高値となった。新型コロナウイルスの新規感染者数の減少による経済正常化期待から買いが優勢な展開が続いた。

 朝方から買いが優勢で、午前に一時3万0795円まで上昇した。利益確定の売りが出て上げ幅を縮める場面もあったが、米国株に比べた割安感から海外投資家の買いが続いているとの見方もあり、急ピッチの相場上昇に乗り遅れた投資家などの買いが下支えした。

 国内で新型コロナのワクチンを2回接種した人が5割を超えたことや新規感染者数の減少傾向で、経済正常化期待が出やすかった。海運や自動車株など景気敏感株の一角に買いが入った。

 

 次期政権に対する景気浮揚策への期待感も引き続き相場の支援材料となった。17日告示の自民党総裁選を前に候補者が定まりつつあり、「積極的な経済対策を打ち出す方向性はどの候補者も同じ」(国内運用会社)との見方が出ていた。

 JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)はともに3日続伸した。TOPIXは21.16ポイント(1.01%)高の2118.87と、約31年ぶりに節目の2100を超えた。

 東証2部指数も3日続伸し、前日比47.44ポイント(0.60%)高い7895.16と3日連続で最高値を記録した。

 

 東証1部の売買代金は概算で3兆3450億円。売買高は13億3901万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は1707と、全体の約8割を占めた。値下がりは380、変わらずは101銘柄だった。

 

 自社株買いを発表した東京海上が大幅高。トヨタは反発し、三菱自や日産自も買われた。昭電工やZHDの上げも大きかった。一方、コナミHDとディーエヌエが売られた。東電HDやソフトバンクセブン&アイが下落した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕